• favorite注目の料理教室
  • restaurant_menu料理ジャンルで探す
  • publicエリアで探す
  • edit日本の食文化 食の歳時記
  • restaurantおすすめレシピ
  • book食のトピックス・プレスリリース
  • import_contacts全国料理教室協会とは
  • import_contacts協会所属講師のお知らせ イベント・講演・掲載情報
  • import_contacts発酵食研究会
  • import_contacts顧問水谷美紀の食エッセイ
  • import_contacts理事真澄のベジスタイル
  • import_contacts和ごはん・食育研究会
  • import_contactsおから研究会
  • import_contacts理事あすな先生 Life design
  • import_contactsだし研究会
  • import_contactsおいしい酢研究会
  • import_contacts代表理事あそれいコラム
  • import_contacts顧問 実希のウェルネスコラム
  • import_contacts顧問いよ先生のお茶時間
  • import_contacts顧問美奈のレシピ小説
  • > > 「五節供に和食を」9月9日は「重陽の節供」(重陽の節供とはどんな料理か?)

    「五節供に和食を」9月9日は「重陽の節供」

    (重陽の節供とはどんな料理か?)

    9月9日は「重陽の節供」です。「菊」を取り入れて長寿を祈ってみてはいかがでしょうか。

    「五節供に和食を」9月9日は「重陽の節供」
    9月9日は「重陽の節供」です

    旧暦の9月9日は新暦の10月中旬頃にあたり、まさに菊の美しい季節。
    五節供を締めくくる行事として、昔は最も盛んだったといわれています。

    新暦に替わって季節感が合わなくなったことから、次第に廃れたようです。 菊は寿命を延ばすと信じられ、「被せ綿」「菊湯」「菊枕」「菊合わせ」「菊酒」など様々な風習が伝えられています。

    菊の花びらを浮かべた盃をいただき、菊模様の皿に菊花料理を、お子様には光琳菊など「菊」を取り入れて長寿を祈ってみてはいかがでしょうか。

    参考:「五節供に和食を」推進委員会 https://gosekku-washoku.jp/